ドラマ「ペーパー・ハウス」 Netflix限定ドラマ 

「ペーパー・ハウス」(原題: La Casa de Papel)は、スペインのテレビドラマで、Netflixで配信されている国際的に人気のあるドラマです。

プロフェッサー「教授」が率いる、都市名で呼び合う8人の仲間が大金を得るため紙幣印刷所を襲う。常に、警察の先にいるプロフェッサーは無事ミッションをこなすことができたのか? ハラハラドキドキの展開に、引き込まれること間違いなしです!

 

・メンバー紹介

ペーパー・ハウス】キャスト俳優7人の経歴まとめ。その1 教授、ベルリンなど。 – and Moreプロフェッサー(セルギオ・マルキナ 

アルバロ・モルテ:計画の主導者であり、冷静沈着かつ戦略的な頭脳を持つ。外部から計画を指導し、警察との対決に巧妙な策略を巡らせます。

 

自粛生活の勧め!』・・・アンティークウォッチ女子部ブログ : スタッフブログ【スイートロード】トーキョー

ウルスラ・コルベロ:物語の語り手であり、計画の中でプロフェッサーと特別な関係を築く。犯罪者たちの中でも中心的な存在となります。

 

ペーパー・ハウス」サーガの衝撃的なNetflixシリーズ「ベルリン」ベルリン

ペドロ・アロンソ:グループのリーダーで、冷酷かつカリスマ的な性格。プロフェッサーとは兄弟のような絆で結ばれています。

 

ペーパー・ハウス 1 #10 スペイン発、頭脳派強盗団ドラマ(相関図付) | nagi style 海外ドラマ Freakリオ

ミゲル・エラン:若くして計画に参加した天才的なコンピューターハッカー。東京との関係が物語を特徴づけます。

 

netflixイチの神ドラマ「ペーパーハウス」感想と考察(season1時点) | ぱっかんシネマモスクワ

パコ・トウス:家族を養うために計画に参加した年長の犯罪者で、工業機械のプロ。デンバーの父。

 

Netflix独占】ペーパーハウス(シーズン1)の感想 | ぱっかんシネマデンバー

ハイメ・ロレンテ:モスクワの息子で、少し抜けているところがある。笑い方が癖になる。

 

ペーパー・ハウス2 #2 スペイン発、頭脳派強盗団ドラマ(相関図付) | nagi style 海外ドラマ Freakナイロビ

アルバ・フローレス:アクセルという息子を持つ、偽造の達人。楽観主義者でリーダーシップもある。個人的に好きなキャラクター。

 

ペーパーハウスS4・S5 | 改・ぶろぐじゃんきぃ。ヘルシンキ

ダルコ・ペリック:オスロと双子の体の大きい腕っぷし。なんか好きになってしまうキャラ。

 

ペーパー・ハウス 1 #10 スペイン発、頭脳派強盗団ドラマ(相関図付) | nagi style 海外ドラマ Freakラケル・ムリージョ

イツィアル・イトゥーニョ:造幣局事件の交渉人の警部。教授との関係性に注目。

 

・シーズン1

セルバンテス紙幣印刷所を襲う計画を立てたプロフェッサーが、仲間を集める。計画通りに、銀行券印刷所を占拠し、プロフェッサーは外部から計画を指導し、内部では、仲間たちが銀行券印刷所での実行部隊を務める。

警察はラケルを交渉人とし、銀行強盗事件に対処しようとする。プロフェッサーは機転を利かせ、捜査から逃れるなかで、ラケルに惹かれていく

計画が進む中で、仲間同士や人質たちの裏切りや信頼の喪失が物語に緊張感をもたらし、過去の秘密や犯罪者たちの心情が明らかにされ、新たな問題が浮かび上がるだった。

 

・シーズン2

新たな課題や意外な展開が次々と起こり、強盗団は困難な状況に直面します。計画には予期せぬ要素が加わり、計画の成功がますます不透明になり、緊迫感が高まる。

人質たちと犯罪者たちとの関係が深まり、それぞれのキャラクターには感情の変化や葛藤が見られます。

プロフェッサーは計画を継続するために、警察との対決や外部からの妨害に対抗するために、独自の策略を巡らせ、警察側も様々な手段を駆使して犯罪者たちと対峙し、銀行強盗の解決を試みます。プロフェッサーと警察との心理戦や策略が物語の鍵を握る。

複雑に考えられた教授の計画と警察の勝負の行方とは?

 

・シーズン3

紙幣印刷所の計画を終え、平穏に暮らしていたメンバーだったが、あることをきっかけに再び集結し、新たな計画が始動する。プロフェッサーは再び彼の計画に参加する仲間たちを集め、新たな目的の下で行動する。

舞台はバンコ・デ・エスパーニャのスペイン中央銀行で、施設内の金塊と目的の遂行が中心になる。

ミケルに代わって、新たな交渉人はアリシア・シエラが担当する。プロフェッサーは相変わらず冷静かつ計算高い策略で状況に対応し、敵対者や警察との心理戦を繰り広げるが、予想外のことが連続する。

 

・シーズン4

バンコ・デ・エスパーニャでの計画が続行されるが、新たな危機が発生し、強盗団は深刻な状況に立ち向かう。

警察と政府が強盗団に対して、軍を使った圧力をかけ、施設内外からの敵対勢力が物語に大きく関わる。教授の計画が露見し、極めて危険な状況に直面する強盗団。 プロフェッサーは、新たな状況に対応するために独自の戦略を練り、彼の知恵と冷静な判断が物語の進行に重要な役割を果たす。

またシーズン4では、キャラクターたちが過去や未来に関する葛藤に直面し、物語の中での重要な選択や出来事が各キャラクターに影響を与えます。

 

・シーズン5

シーズン5では、物語が結末に向かい、プロフェッサーと仲間たちは、最終決戦に臨む。キャラクターたちの生死や物語に終止符が打たれ、計画の結末が描かれます。まさかの展開に、衝撃を受け、様々な感情が出てくるはずです。四面楚歌の状況で、プロフェッサーが選んだ最後の道とは。

 

・まとめ

ペーパー・ハウス】有名人の反応、ネイマール、スティーブン・キングなど – and Moreスペインで放送された際には、あまり人気がなかった作品ですが、今や世界中に大きなブームを巻き起こし、あのネイマール(ブラジル代表の有名なサッカー選手)が希望して出演したほど大人気の作品です。

教授の常に先を読んだ作戦にも、心踊らされる素晴らしい作品なので、まだ見ていないという方は、ぜひチェックして見てください。

 

「ペーパーハウス」を見たいという方は、VOD(動画配信サービス)がお勧めです。あなたに最適なVODを見つけるために、こちらの記事をぜひ参考にしてください。