映画「宇宙兄弟」から学ぶ、人生に役立つ言葉。

映画|『宇宙兄弟』公式サイト

2012年に公開された、小山宙哉先生の名作マンガ宇宙兄弟の実写版。小さい頃から宇宙を夢見ていた南波兄弟、兄・六太(小栗旬)と弟・日々人(岡田将生)の兄弟愛と生き様を描いた作品です。多少のネタバレも含みますので、途中で見てみたいと思った方は読むのをやめて、本編をご覧ください!

 

 

 

1. 兄弟の関係

宇宙兄弟」プチョン映画祭で初の快挙!作品賞&観客賞をダブル受賞 : 映画ニュース - 映画.com

幼少期に、UFOの姿を見た2人は「2人で一緒に月へ行こう」と約束を交わした。それから19年後、悲劇の日(1993/10/28 ドーハの悲劇)に生まれの六太は、上司に頭突きし務めていた自動車メーカーをクビになり無職に。栄光の日(1996/9/17 野茂がノーヒットノーランを達成)に生まれた日々人は、約束通りに宇宙飛行士となった。

 

2. 六太、宇宙飛行士を目指す

就職活動を行なっていた六太だが上司への頭突きが影響しなかなかうまくいかない日々が続いた。そんな時、日々人から「忘れたのかよ、あの約束。」というメッセージを受け、もう一度宇宙飛行士の夢を目指すことを決意。日々人が月へ旅たつ姿を見送り、宇宙への想いを強く持ち、宇宙飛行士選抜試験に挑戦する六太。

 

3. 宇宙飛行士選抜試験

宇宙兄弟 映画 動画配信 オンライン 視聴難なく試験をクリアしていき、700人いた参加者も数十人に絞られ、いよいよ最終試験を迎える。試験は、国際宇宙ステーションと同じ作りの施設に、残ったメンバーが6人ずつ10日間を共に過ごすといったものであった。期間中は様々なミッションを課せられ、さらにはグリーンカードと呼ばれる特別な指令を与えられる。グリーンカードはあえて、雰囲気を悪くするような行動を取るように指示され、その際の反応や対策を見るためであった。そんな試験の日々を受ける中、六太に一報が入る。

 

4. 日々人に危機が

Amazon.co.jp: 宇宙兄弟を観る | Prime Video

六太に知らされたのは、「日々人が月で事故にあった」というものであった。月面を走行中に、他の宇宙飛行士と共にクレーターに落ちてしまったのだ。月の夜は、マイナス60℃まで下がり、宇宙服を着ているといえども生存できる時間は限られている。

そんな状況を、最終試験中に知らされた六太は、心配のあまり試験を放棄することを考えた。しかし、「今俺が日々人にできることは、日々人が夢見ている宇宙飛行士に俺がなることだ」と考え直し、試験の続行を決意した。そして、日々人も六太との約束を思い出し、諦めかけた心を奮い立たせ仲間と共にクレーターから脱出。無事基地まで辿り着くのであった。

 

5. 2人で月へ

映画:宇宙兄弟: 問はず語りそんな時間を過ごした2人。六太は無事最終試験をクリアし、晴れて宇宙飛行士となった。そしてそれから数年後、六太と日々人の宇宙を夢見てきた兄弟は、2人揃って月面に立ち、幼い頃からの夢を叶えたのであった。

 

6. 感想

兄弟2人の何とも言えない信頼関係と絆がたまらないですね。宇宙飛行士のようなお大きな夢であっても、まずはその夢を追い続けることの大切さを学びました。最後に、夢を叶えた2人の姿はとても心に刺さるシーンでした。何歳になっても、夢は追い続けたいですね!『It's a piece of cake.』(意味は、ぜひ調べて見てください。)

its-a-picec-of-cake.com

 

7. マンガ「宇宙兄弟

映画は、漫画を2時間にまとめた感じなので、もし映画で「宇宙兄弟」興味を持った方は、マンガかアニメを見ることをおすすめします。さらに多くの名言や物語を知ることができます。登場キャラクターも何倍も面白く表現されているので、映画の何倍も楽しめます。本当におすすめの漫画です!